株式会社プライム | NEWS

新着情報 News

 令和2年7月7日、新ひだか町「新型コロナウイルス感染症対策支え合い基金」に、非接触型体温計50台をお届けすることができました。
新ひだか町で誕生した企業として、この難局に僅かでもお役にたてた事はとても喜ばしい出来事でした。
日高報知新聞に取り上げていただきましたのでお知らせいたします。



掲載写真(写真右から、大野克之町長・弊社高橋・外田)

目録授与

日高報知新聞掲載本文全文 2020年7月8日掲載

非接触型体温計と50万円

新ひだか プライムが支え合い基金へ

【新ひだか】静内木場町1のLED照明販売と不動産賃貸業のプライム(木原廣社長)が7日、町の「新型コロナウイルス感染症対策支え合い基金」へ現金50万円と非接触型体温計50台(50万円相当)を寄付した。
 この日は、同社の高橋昇執行役員施設管理部長と外田健太郎営業推進課長が役場静内庁舎を訪れ、大野克之町長に目録を手渡した。
 高橋部長は「コロナ感染拡大後、体温計の在庫がない状況で、特に非接触型は入手しづらいので早く届けたかった」と話し、大野町長は「非接触型体温計はとてもありがたい。不足している介護施設や学校など、 イベントなどで体温計測時のレンタルなどに役立てたい」と感謝した。


掲載紙 2020.7.8